忍者ブログ
房総は勝浦駅前、三日月の名前なのに気軽な宿「三日月イン」と、元気一杯な和食店「海鮮本陣 魚祭(うおさい)」から発信。 ここでは肩肘張らずに、当館(店)や勝浦・房総のちょっとした見所のご案内ができればいいなぁ、と思ってます。
[31] [30] [29] [28] [27] [26] [23] [22] [21] [20] [19]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



日記担当めたぼ太郎です。

今日ご紹介するのは、尾名浦(おなうら)。市内の海岸を取り上げるのは2件目ですから、タイトルを「海岸シリーズ」と謳えば、何となく社会派の推理小説っぽくなりますね。
・・・まあ、事件が起きているわけでないし、いいんですが。


この尾名浦、あえてランキングにすれば、「勝浦市の海岸で、広く写真が知られているランキング」では堂々の1位だと思います。かといって、名前が売れているわけではありません。小さな入り江の浜辺で、プライベートビーチっぽいなりですが、ぱっと目をひくのは、その奇岩、通称「めがね岩」。波の浸食と風化で真ん中に穴の開いた珍しい形をしています。当館の姉妹館(どっちが姉でどっちが妹か、という問題はさておき)、勝浦ホテル三日月のパンフレットの表紙も、この岩の写真です。


めがね岩、と言うと納得される方が多いんですが、よくよくみてみれば穴ひとつですよね。街のめがね屋さんを覗いても、こんな形のめがね、ないですね。昔の人や、イギリス・フランスあたりの貴族によく見られる、眉間にしわを寄せて片目にかける、アレのことでしょうか。大きなお世話かもしれませんが、ワタクシ的には気になるポイントです。

onaura2.jpg波打ち際に目を移すと、こんな感じです。水が透明なのがおわかりいただけるでしょうか。守谷海岸もそうだったように、透明度は高いです。きれいで気持ちが良いです。社会派のどろどろしたイメージなど、まったく感じさせません。もういいですね。

・・・と思って油断していたら、革靴濡れました。
皆さん、革靴で海に行くのはやめたほうがよさそうですよ。
といって、ビーチサンダルで会社に行くのは、もっとやめた方がよさそうです。

近くにはちょっと遊べそうな磯や、漁協の直売所があります。
シーズンには海の家もオープンし、小さな砂浜が色とりどりのパラソルで埋まることでしょう。

交通ですが、勝浦駅から小湊鐵道バス(興津行き・保養センター行き・海中公園行き等が利用できます)にて約10分、松部港(まつべこう)バス停下車、徒歩約5分。駐車場はありません。ちなみに海中公園・海の博物館からは徒歩10分程度ですので、こちらと絡めての見物もおすすめです。


今が絶好のめがね岩見物シーズンです。札幌の時計台より、勝浦のめがね岩。是非覚えておいてください。

おっと、こちらもお忘れなく。
三日月本館・魚祭(うおさい)・三日月苑の詳細なご案内は→((www.mikazuki.co.jp/m-ryokan/)) 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[01/03 たらこ]
[01/02 マンジン]
[11/12 めたぼ太郎(2代目)]
[11/09 マンジン]
[01/15 めたぼ太郎]
プロフィール
HN:
めたぼ太郎(二代目)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
お天気情報
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア