忍者ブログ
房総は勝浦駅前、三日月の名前なのに気軽な宿「三日月イン」と、元気一杯な和食店「海鮮本陣 魚祭(うおさい)」から発信。 ここでは肩肘張らずに、当館(店)や勝浦・房総のちょっとした見所のご案内ができればいいなぁ、と思ってます。
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [23] [22] [21]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



日記担当、めたぼ太郎です。

今日は、魚祭の冬だけの限定メニューのご紹介です。


まず、冬の味覚の王様、あんこう鍋。
身は淡白ですがぷりぷりとした食感、あん肝はぐっと濃厚な旨みが凝縮されていて、どちらも美味です。さすが、骨しか捨てるところの無い魚の面目躍如です。

わざわざ遠くまで行かずとも、魚祭であんこう鍋食べられます。

「あんこう鍋は勝浦に限る。」現代版、目黒のさんまのお話です。しかも、勝浦なら、これからがまさに旬の金目との掛け持ちもできます。そんなちょっとした贅沢はいかがでしょうか。

kakinabe.jpg
続きまして、カキ鍋。
カキは海のミルクとも呼ばれ、肝機能を改善したりコレステロールを減少させる働きをもつ、タウリンという成分を多く含むそうです。リポビタンDもびっくり。

・・・なんて健康情報番組の受け売りのようなふれこみが無くても、おいしいですよね、カキ。わざわざ本場に行く交通費を考えたら、魚祭で何倍食べられるんでしょうか。

「カキ鍋も勝浦に限る。」当店では、生ガキもご用意しております。勝浦なら、地魚料理として脚光を浴びるなめろうやさんが焼も楽しめます。そんな欲張りなプランニングもおすすめです。

お値段は、あんこう鍋は5,000円、カキ鍋は4,000円で、いずれもおおよそ3~4人前見当です。


時に今、忘年会シーズン。せっかく鍋をつつくなら、お座敷がいいですよね。最近、お座敷を指定されるお客様が増えてきていますので、鍋ともども、ご予約いただくほうが確実です。

≪ご予約はこちらまでお願い致します。≫
電話:0470-73-1331 (三日月本館代表電話となっております)
ご予約・お問合せお待ちいたしております。


「あんこう鍋とカキ鍋は勝浦に限る。」をキーワードに・・・というところですが、もうひとつ、「魚祭(うおさい)」の店名も、お忘れなきよう、よろしくお願い申し上げます。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[01/03 たらこ]
[01/02 マンジン]
[11/12 めたぼ太郎(2代目)]
[11/09 マンジン]
[01/15 めたぼ太郎]
プロフィール
HN:
めたぼ太郎(二代目)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
お天気情報
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア