忍者ブログ
房総は勝浦駅前、三日月の名前なのに気軽な宿「三日月イン」と、元気一杯な和食店「海鮮本陣 魚祭(うおさい)」から発信。 ここでは肩肘張らずに、当館(店)や勝浦・房総のちょっとした見所のご案内ができればいいなぁ、と思ってます。
[79] [78] [77] [76] [75] [74] [72] [71] [70] [69] [68]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日記担当めたぼ太郎です。


まだガソリン、高いですよね。前回は高速バスをご紹介しましたので、今回は電車を。

当館はJR外房(そとぼう)線、勝浦駅のロータリー脇、ということは何度かご紹介したと思います。

「じゃあ、勝浦までどれくらいかかるのよ?」

ということで、まずは東京から。

DSC_0299.JPGJR東京駅の地下京葉線のりばから、特急わかしお号(安房鴨川行きまたは勝浦行き)で約90分。ちょっと釣り目の特急電車。

京葉線の沿線には、東京ディズニーリゾート・ららぽーと・幕張メッセ等等・・・たのしい施設が沢山ありますので、浮気して途中で降りてしまわないように、くれぐれもお願いいたします。



片道、乗車券1,890円、特急料金1,300円の計3,190円。オトクなきっぷもあるようですので、詳しくは駅にお尋ねいただくのがよろしいかと思います。
ちなみに、土日祝日は1日1本、新宿始発の「新宿わかしお」号が走ります。時間帯があえば、こちらの列車も便利そうですね。


続いて、千葉から。もちろん、市川・船橋近辺の方や、東京からでも特急を使わずに節約したい方も、千葉まで出てしまえばあとは一緒です。

DSC_0042.JPG千葉駅の外房線のりばから、安房鴨川行きまたは勝浦行きの、ちょっと懐かしい電車に揺られること約90分。

ちなみに千葉駅からは、“内房線回り”の安房鴨川行きも出ていますが、勝浦を通るのは“外房線回り”です。

行先が同じなので、たまに「間違えた~」というお客様からお電話頂戴することもありますので、御間違いのないようにご注意ください。


千葉-勝浦間は、片道、乗車券が1,280円。
特急券900円を追加すると、途中の蘇我駅から、先に紹介した特急「わかしお」号を利用することもできます。



電車やバスの利用も、ガソリン高の時だけではないですが、たまにはいいんじゃないかな、と思います。
お酒は呑めるし、ハンドルも握らなくて済むし(といって、一般の方が電車動かしたら、犯罪になっちゃいますね)。いまはやりの“エコ”にもつながりますしね。

・・・“はやり”、だけじゃ、ホントは良くないですね。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[01/03 たらこ]
[01/02 マンジン]
[11/12 めたぼ太郎(2代目)]
[11/09 マンジン]
[01/15 めたぼ太郎]
プロフィール
HN:
めたぼ太郎(二代目)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
お天気情報
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア